確認もせずに払ってしまう事だけはやってはいけない

クレジットカードが不正に使用されたときの正しい対処方法

アメリカには各地にコンシューマー・クレジット・カウンセリング・サービス(CCCS)というカウンセリング機関があります。名前の通り多重債務者の更生、救済を目的に、債務(内容と収入・生活費をカウンセリングの上、分析し、その人が可能な返済計画をその人に仲わって立てるところです。相談者がその計画に納得すれば、相談者は毎月の支払額をCCCSに支払い、CCCSは舶談者に代わって複数の債権者に支払います。さらにCCCSはその金額の中から一定の金駈を、実際には寄付の名目になりますが、手数料として徴収し組織の運営費としています。

ただし、どうしても返済の見通しが立たない場合は、法的な手段によって解決することをアドバイスすることもあります。日本にも似たような機関があります。東京、福岡、名古屋に事務所を置く財団法人日本クLジットカウンセリング協会です。日米の違いは、わが国の機関は政府が許可した財団法人で去ることと、債権者への支払いは支払い計画に従って相談者が直接個別に支払うところです。

アメリカと同じように債務者からの手数料は無料ですが、運営費は銀行、消費者金融、クレジット業界が負担しています。アメリカのシステムの方が合理的なように思えますが、わが国では弁護士法の規定によって実現の可能性はありません。それでもこの協会が債務整理をできるのは弁護士会との協力によって運営しているからであって、日本消費者金融協会が東京と大阪に事務所を設けて行っている金銭管理カウンセリングサービスはカウンセリングまでです。これからますますクレジットカードは社会生活に密着した存在になっていきます。
クレジットカード支払いになれてしまうと、お金借りることに抵抗がなくなっていくのを感じました。クレジットカード払いも一時的に借りていることと同じなのだということに気がつきました。
複雑な手順と煩雑な手続きに不安を感じているなら、税理士に相談するのが最も安全で安心です。相続税 相談を受けた税理士は適切な対応を行い、相続財産の正しい価値を守ります。
最近は主婦でもお金を借り易くなっていると思います。街でもネットでも、キャッシング 無利息というキャッチコピーをよく目にします。利息がつくのであれば、主人にバレそうですが、そうでないなら安心して借りることができます。


アメリカでは、預金者がカードの紛失や盗難に気づいてから、二営業日以内に銀行に通知すれば、預金者の負担の上限は50ドルで済みます。残りは銀行などが補償するようになっています。これは50ドルルールといわれているもので、法制化されています。クレジットカードにも適用されます。

イギリスは、預金者の負担を最大50ポンドとするルールがあります。これは業界の自主規制ルールです。おそらく多くの日本人は、この金額を少ないと考えるのではないでしょうか。最近では銀行もATMで1日に引き出しできる金額を一定額に制限しているのですが、それでも200万円くらいのところもあります。すると被害にあうとその25%は預金者が負担することになるので50万円ということになります。

What's New
2013/09/16 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/12 新着記事を更新しました。
2013/09/11 補償の割合を更新しました。
2013/09/08 偽造力ード犯罪を更新しました。
2013/09/06 不正使用の発生状況を更新しました。
2013/09/04 セキュリティ対策を更新しました。
2013/09/03 クレジットカードが不正に使用されたときの正しい対処方法を更新しました。
2013/08/31 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
オリックス銀行カードローンアイフルクレジットはUCカード
限度額800万円、年利3.0%~17.8%、月々7000円からの返済というキャッシング消費者金融会社アイフルのサイトです。キャッシングに必要な手続き、書類などが細かく解説されています。永久不滅のUCからご提案するキャッシングサービスのご紹介ページです。